視力回復 メガネ コンタクト

コンタクトレンズによる眼の障害

コンタクトレンズは良く使われているのはご存じだとおもいます。全国で約1500万人の人が使用しているのです。そのうち、150万人が障害を起こしているという事実があるのです。コンタクトレンズで起きる眼の障害の内訳としては、次のようなことが挙げられます

 

■角膜表面に傷ができる「点状混濁」。52%
■角膜の傷が進行して細胞が脱落する「角膜上皮びらん」。12%
■角膜の酸欠により、角膜に毛細血管が入り込む「角膜血管侵入傷害」。11%
■角膜実質に細菌やカビが感染する「角膜浸潤」や「角膜潰瘍」が9%

 

なので、安易にコンタクトレンズを使わないようにして、使用するのであれば、しっかりと専門的な知識のある方に相談するようにして、定期的に検査を受けるようにしましょう。最近、使い捨てのコンタクトレンズ、1日のみ、1週間つづけれるものなどいろんな種類のコンタクトレンズが販売されていますが、使用期限は必ず守るようにしましょう。